• どのくらいの障害の重さの人が対象ですか?
  • 想定している障害支援区分は、区分5~6 の方となります。
  • 入居できるのは男性?女性?
  • どちらも入居することができます。A棟(男性棟)、B棟(女性棟)に分かれており、男女ともに共同住宅タイプです。A棟・B棟ともに定員が1階4名、2階6名となっており、A棟B棟合わせて20名定員です。
  • 食事はどのようになっていますか?
  • 朝食・夕食の提供を行っています。昼食は日中活動先で召し上がっていただくことが多いです。土日祝日のお昼ごはんはお弁当を買ったり、出前を頼んだりしています。
  • 利用料金はどれくらいかかりますか?
  • 家 賃 : 50,000円
    (行政より補助を受けることができます⇒10,000円~最大全額補助)
    光熱水費 : 13,000円 (月初にお預かりして、3ヶ月に1回 実費精算します)
    日用品費 : 5,000円 (月初にお預かりして、3ヶ月に1回 実費精算します)
    食 費 :1日1,000円(内訳 朝 400円 / 夕 600円 )
    ※平日の昼間は、日中活動先(生活介護など)で取ることがほとんどです。
    ※休日の昼間は、買い物などをサポートしています。(移動支援を利用して買い物に行く人もいます)
    ※障害福祉サービス利用料 : 受給者証にある利用者負担額(原則無料)
  • 入居にかかる費用は?
  • 敷金として家賃2か月分の100,000円をお預かりします。※退去時のクリーニング費用などにあて、残金は返金します。
  • 居室には どんな設備がありますか?
  • 各居室には、エアコンとカーテン、収納があります。その他は、利用者様で準備していただきます。(例:ベッド、布団、テレビ、テーブル、イス、衣装ケース、本棚など)
  • 共有部には、どんな設備がありますか
  • 交流室・キッチン・浴室・トイレが共有部となります。
  • 自分の部屋に好きな物を持って行くことはできますか?
  • 危険物をのぞき、お持ちいただくことが可能です。例えば、テーブル・ベッド・ソファ・カーテン・趣味で使うラジカセ・DVDなど、ご自分の部屋を好みにあわせて過ごしやすくすることができます。※生活に支障が出るほど物があふれる場合には、処分していただくこともあります。
  • 職員は色々と手伝ってくれますか?
  • お手伝いはします。ただし、理念に掲げているように「自分のできる部分を増やす」 ことをお手伝いさせていただきます。できる限り、自分のことは自分でできるように支援します。
  • 安全面は配慮されていますか?
  • 昨今、報道でもあるように、グループホーム等の火災の問題が深刻になっています。友セカンドでは避難訓練の実施やスプリンクラー・自動火災報知器の設置などを通して、利用者様の安全に配慮しています。