成長をとことん待つ

私達は決して焦らず ご本人の成長を見守ります。

友セカンドでは、入居前・入居後のアセスメントを重視し、ご本人の「できる部分」「できそうな部分」「できにくい部分」を関係機関のみなさまと共有し、利用者様の意思を尊重したうえで、自己決定していただけるよう職員全員で成長を見守ります。

「自分で決めて自分でできる」を大事に

  • サービス管理責任者 妹尾将吾
  • 1986年生まれ/2014年8月入社
  • 精神保健福祉士

もっと詳しくみる

-まずは、簡単な自己紹介をお願いします。

妹尾) グループホーム友セカンド(以下、友セカンド)で世話人をしている妹尾省吾です。友セカンドに異動する前は、2015年3月からグループホーム友(以下、友)の世話人をしていました。2019年8月に友セカンドのサービス管理責任者となりました。

-続いて、友セカンドでの役割や仕事の内容を教えてください。

妹尾) 開設から間もなく、重度グループホームの支援経験がないスタッフが多いため、生活の見守り、生活行為の介助、生活記録の作成、利用者様の面談、事務手続きサポートなどを世話人が迷うことなくできるように指導しています。

-生活行為の介助を具体的に説明してもらえますか?

妹尾) まず入浴介助、歯磨き、洗濯、居室の掃除、買い物同行、通院同行、服薬のサポート、電話をかける際のサポートなどもあります。

-生活行為の介助と言っても幅が広いですね。妹尾さんは、友に異動する前まで重度障害者の支援は未経験だったと聞いていますが、戸惑うことはありませんでしたか?

妹尾) もちろん、はじめの頃は戸惑うことが多かったです。

  1. 友での勤務の話になりますが、重度ユニットである友2の利用者様のほとんどが発語がなく、音声言語をコミュニケーション手段として持っていらっしゃらなかったこと。
  2. 時として他害行為をする利用者様が数人いらっしゃったこと。

この2つが特に難しいポイントでした。

-発語がないとすると、どのような方法でコミュニケーションをとるのでしょう?

妹尾) 声を出す利用者様はいても言葉にはなっていないので、意思表示として手を払いのけたり、独特なジェスチャーを持っています。NOの時は手を振る、YESの時は胸の中心を人差し指でなぞるといった具合です。
(ちなみに、中度ユニットの友1の利用者様は会話ができる方が多く、難しい方でも単語でやり取りすることができ、女性ユニットの友3の利用者様とのコミュニケーションは職員とほとんど変わりありません)

-言語コミュニケーションが難しい利用者様に対して支援の基本理念である「できる部分を増やす」というのは難しくないですか?

妹尾) その点に関して自分の場合は、発語のない利用者様の意思表示をある程度くみ取りながら支援しています。広告を指でちぎることが好きな利用者様が急にあたりを見回しはじめた際に「何か欲しいものがあるのかな?」と実際に身のまわりにある物を順番に見せて、はさみを見せた時に「それだ」ということもありました。もちろん、直感みたいなものも大事ですが、経験からくるものや先輩から学んだことで意思表示をくみ取りやすくなりましたね。

-「経験からくるもの」で意思表示をくみ取りやすくなったというのは、具体的にどういうことなのでしょう?

妹尾) 例をあげて説明すると、重度の方で動作がすごくゆっくりな利用者様がいます。その方は歩くのもゆっくりなのですが、衣服のボタンやチャックの動作もすごくゆっくりなんですね。正直に言うと、友にきたばかりで経験の少なかった頃は、チャックをあげるのに時間がかかるのを見て、すぐさまご本人のかわりにチャックをあげたりしていました。
ですが、今ならよく分かるんですけど、それはご本人のできる部分を勝手に先回りしているのであって、例えゆっくりでもこちらがとことん待つことさえできれば、ご本人のできる部分というのがちゃんと見えてきます。ですから、まずはしっかりと待って、利用者様を観察することができれば、意思表示もくみ取ることができますし、ご本人のできる部分を増やすことにも自然とつながっていきます。

-さらに、「先輩から学んだこと」とはどんなことですか?

妹尾) それは、とあるアプローチを利用者様に試みた際に3か月くらい粘ったつもりだったんですが、自分としてはまったく効果がでなくて途中であきらめたことがあったんですね。すると、当時の先輩から「3か月で効果あがらないじゃなくて、3年やっても効果あがらないけど、それでもずっとやり続けるくらいの覚悟が必要だよ」と諭されました。正直「まじか」と思いましたが、そのアドバイスのおかげで重度障害に対する理解を深めることにつながり、支援方法や価値観もかなり変わりました。

-妹尾さん自身も友を通じて成長したんですね(笑)

妹尾) はい、確かにそうです。生活行為の介助をとってみても、一つひとつを職員が先まわりするのではなく、できる限りご本人の意思を尊重し、自己決定をしていただくようにしています。仮にできないことがあるとしたら、言葉、ジェスチャー、写真、絵カードなどで方法をお伝えし、それでも難しい場合は私達が見本を見せ、時に手を添えてと段階を経てご本人の「できる部分」を見極めつつ、それを摘み取るのではなく、伸ばせるように支援しています。QOL(生活の質)という意味では、「自分で決めて、自分でできる」というのが重要な要素だと思いますが、友ではそこをすごく大事にして支援しています。こんな風に考えらえるようになるとは3年前の自分には想像もできませんでした。

このインタビューだけでグループホーム友セカンドの支援内容をご理解いただくのは難しいかと思います。
随時、見学や体験を受けつけておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ