成長をとことん待つ

私達は決して焦らず ご本人の成長を見守ります。

友セカンドでは、入居前・入居後のアセスメントを重視し、ご本人の「できる部分」「できそうな部分」「できにくい部分」を関係機関のみなさまと共有し、利用者様の意思を尊重したうえで、自己決定していただけるよう職員全員で成長を見守ります。

「自分で決めて自分でできる」を大事に

  • サービス管理責任者 妹尾将吾
  • 1986年生まれ/2014年8月入社
  • 精神保健福祉士

もっと詳しくみる

-まずは、簡単な自己紹介をお願いします。

妹尾) グループホーム友セカンド(以下、友セカンド)で世話人をしている妹尾将吾です。友セカンドに異動する前は、2015年3月からグループホーム友(以下、友)の世話人をしていました。2019年8月に友セカンドのサービス管理責任者となりました。

-続いて、友セカンドでの役割や仕事の内容を教えてください。

妹尾) 開設から間もなく、重度グループホームの支援経験がないスタッフが多いため、生活の見守り、生活行為の介助、生活記録の作成、利用者様の面談、事務手続きサポートなどを世話人が迷うことなくできるように指導しています。

-生活行為の介助を具体的に説明してもらえますか?

妹尾) まず入浴介助、歯磨き、洗濯、居室の掃除、買い物同行、通院同行、服薬のサポート、電話をかける際のサポートなどもあります。

-生活行為の介助と言っても幅が広いですね。妹尾さんは、友に異動する前まで重度障害者の支援は未経験だったと聞いていますが、戸惑うことはありませんでしたか?

妹尾) もちろん、はじめの頃は戸惑うことが多かったです。

友での勤務の話になりますが、重度ユニットである友2の利用者様のほとんどは発語がなく、音声言語をコミュニケーション手段として持っていらっしゃらなかったこと。時として他害行為をする利用者様が数人いらっしゃったこと。この2つが特に難しいポイントでした。

-発語がないとすると、どのような方法でコミュニケーションをとるのでしょう?

妹尾) 声を出す利用者様はいても言葉にはなっていないので、意思表示として手を払いのけたり、独特なジェスチャーを持っています。NOの時は手を振る、YESの時は胸の中心を人差し指でなぞるといった具合です。
(ちなみに、中度ユニットの友1の利用者様は会話ができる方が多く、難しい方でも単語でやり取りすることができ、女性ユニットの友3の利用者様とのコミュニケーションは職員とほとんど変わりありません)

-言語コミュニケーションが難しい利用者様に対して支援の基本理念である「できる部分を増やす」というのは難しくないですか?

妹尾) その点に関して自分の場合は、発語のない利用者様の意思表示をある程度くみ取りながら支援しています。広告を指でちぎることが好きな利用者様が急にあたりを見回しはじめた際に「何か欲しいものがあるのかな?」と実際に身のまわりにある物を順番に見せて、はさみを見せた時に「それだ」ということもありました。もちろん、直感みたいなものも大事ですが、経験からくるものや先輩から学んだことで意思表示をくみ取りやすくなりましたね。

-「経験からくるもの」で意思表示をくみ取りやすくなったというのは、具体的にどういうことなのでしょう?

妹尾) 例をあげて説明すると、重度の方で動作がすごくゆっくりな利用者様がいます。その方は歩くのもゆっくりなのですが、衣服のボタンやチャックの動作もすごくゆっくりなんですね。正直に言うと、友にきたばかりで経験の少なかった頃は、チャックをあげるのに時間がかかるのを見て、すぐさまご本人のかわりにチャックをあげたりしていました。
ですが、今ならよく分かるのですけど、それはご本人のできる部分を勝手に先回りしているのであって、例えゆっくりでもこちらがとことん待つことさえできれば、ご本人のできる部分というのがちゃんと見えてきます。ですから、まずはしっかりと待って、利用者様を観察することができれば、意思表示もくみ取ることができますし、ご本人のできる部分を増やすことにも自然とつながっていきます。

-さらに、「先輩から学んだこと」とはどんなことですか?

妹尾) それは、とあるアプローチを利用者様に試みた際に3か月くらい粘ったつもりだったんですが、自分としてはまったく効果がでなくて途中であきらめたことがあったんですね。すると、当時の先輩から「3か月で効果あがらないじゃなくて、3年やっても効果あがらないけど、それでもずっとやり続けるくらいの覚悟が必要だよ」と諭されました。正直「まじか」と思いましたが、そのアドバイスのおかげで重度障害に対する理解を深めることにつながり、支援方法や価値観もかなり変わりました。

-妹尾さん自身も友を通じて成長したのですね(笑)

妹尾) はい、確かにそうです。生活行為の介助をとってみても、一つひとつを職員が先まわりするのではなく、できる限りご本人の意思を尊重し、自己決定をしていただくようにしています。仮にできないことがあるとしたら、言葉、ジェスチャー、写真、絵カードなどで方法をお伝えし、それでも難しい場合は私達が見本を見せ、時に手を添えてと段階を経てご本人の「できる部分」を見極めつつ、それを摘み取るのではなく、伸ばせるように支援しています。QOL(生活の質)という意味では、「自分で決めて、自分でできる」というのが重要な要素だと思いますが、友ではそこをすごく大事にして支援しています。こんな風に考えらえるようになるとは3年前の自分には想像もできませんでした。

このインタビューだけでグループホーム友セカンドの支援内容をご理解いただくのは難しいかと思います。随時、見学や体験を受けつけておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

「どこ」に支援が必要かを大切に

  • 主任世話人 永田真人
  • 2019年5月入社
  • 社会福祉士、介護福祉士

もっと詳しくみる

-まずは、簡単な自己紹介をお願いします。

永田) グループホーム友セカンド(以下、友セカンド)で世話人をしている永田真人です。2019年5月に友セカンドのオープニングスタッフとして入社しました。2022年4月から友セカンドの主任世話人になりました。

-続いて、友セカンドでの役割や仕事の内容を教えてください。

永田) 利用者様の日常生活の支援、通院の同行、金銭管理、関係機関や利用者様のご家族との連携などです。また、自閉症の特性を理解したうえで、一人ひとりの利用者様に合うように生活環境を整えることも重要な仕事です。

主任世話人として、新入職員の教育や、他の世話人からの相談に乗る、パート職員向けの研修なども行っています。

-「生活環境を整える」とは具体的にどんなことでしょうか?

永田)友セカンドの利用者様は、平均年齢は20代前半と若く、障害支援区分5~6で、重度の知的障害と自閉症を併せ持つ方がほとんどです。

言語コミュニケーションがむずかしく、「見通しを立てるのが苦手」など自閉症の特性をお持ちです。そのような方に「利用者様主体」での支援を実現するために必要なのが、生活の大まかな枠組みはこちらで管理させてもらいながら、本人が主体となって動ける「環境づくり」です。

永田) 具体的には、分かりやすいスケジュールの提示、行動の切り替えをうながすための視覚的ツール(写真・絵カードなど)の使用などを行っています。

SHIPでは、TEACCHプログラムの構造化や、応用行動分析などをみんなで学びながら、少しずつですが、適切な支援の提供を具体化しています。

-「利用者様が主体的に動きやすい環境づくり」ということですね。永田さんは、前職も障害者支援をしていたとお聞きしましたが、友セカンドでは違いはありましたか?

永田) 前職は身体障害者の在宅支援を行っていましたが、自分の働くフィールドを広げたくて転職しました。軽度の知的障害の方とは前職でも関わることがありましたが、重度の知的障害・自閉症の支援は初めてでした。

言語でのコミュニケーションが難しいこともそうですが、「強度行動障害」といって、突飛な行動を取る方も多く、どの行動も最初は衝撃的でした。どう支援したらいいかも分かりませんでした。

-具体的には、どんなことがあり、どう対応してきたのでしょうか?

永田) 入浴や着衣を拒否する、尿失禁を故意にくり返す、壁に穴を開けるなど…。最初はただ驚き、不適切な行動とは分かっても、どうしていいか分かりませんでした。

上司に相談してアドバイスをもらい、内部研修で障害特性を学び、徐々に経験を積んでどう支援すればいいかが身についてきたと感じています。

時には、人が手伝う部分を少なくして、環境を変える方がうまくいくこともあります。服を着るのが苦手で、拒否してしまう利用者様がいましたが、着る服を壁にかけてわかりやすくして、支援者が直接促すのをやめたことがあります。

すると、スムーズにご自分で服を着られるようになりました。一見冷たい印象を受けるかもしれませんが、システマティックにした方が自閉症の方には分かりやすく、主体的に動けるようになることもあると、こうした実践を通して学びました。

-他に、支援の中で感じること、意識していることはありますか?

永田) 正直、利用者様たちの衝動的な行動には、何年経っても翻弄されることがよくあります。でも、行動だけ見ると突飛でも、その背景に必ず原因や目的があるので、その行動も「ご本人たちからのメッセージ」と思って、想いをくみ取れるよう意識しています。

そうすると、発語のない利用者様とでも、いろんな形でコミュニケーションが成立するようになります。お互いに「伝わった感じ」を体感できるとなんとも言えないうれしさを感じますね。

また、私たちは障害者を「できない人」と見てしまいがちですが、実際に関わってみると、できることはたくさんあって、ちょっとした一部分でつまずいて失敗体験になっていることがよくあると気づきます。「どう支援するか」の前に「どこに支援が必要なのか」を見極めることで、ご本人の主体性を活かした生活を実現していく、というのが友セカンドの支援の基本的な考え方です。

-最後に、今後の支援について、考えていることはありますか?

永田) もっと、重度の障害を持つ方の社会参加や社会認知が進んでほしい、そのために自分ができることをしたいと思っています。友セカンドのように障害支援区分が5~6の方を対象とするグループホームが地域にあるということ自体に、価値があると私は思います。

友セカンドの利用者様たちは、それぞれ唯一無二の魅力があると思いますし、自分自身がそうだったように、世の中の人たちに新しい気づきや価値観を与えられる人たちだと思います。自分が、地域の人たちと、利用者様たちとの橋渡しとなっていければと思います。

このインタビューだけでグループホーム友セカンドの支援内容をご理解いただくのは難しいかと思います。随時、見学や体験を受けつけておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

構造化支援によって出来ることが増える

  • 世話人 本山ふみ江
  • 2019年入社
  • 介護福祉士

もっと詳しくみる

-簡単な自己紹介をお願いします。

本山) はじめまして、グループホーム友セカンドで世話人をしている本山と申します。
2019年9月に、友セカンドの世話人として入社しました。

-入社理由(志望動機)を教えてください。

本山) 入社前に障害者支援をする施設で、私は生活支援員として働いていました。私と同じ施設で働いていた方が、先にSHIPへ入社内定が決まっていました。その方からSHIPで行っている「構造化支援」の説明を聞いて、とても興味を持ちました。そして、私はグループホームでの仕事に興味を持っていたため応募しました。

-友セカンドでの役割や仕事の内容を教えてください。

本山) 「個別支援計画」に基づいて一人ひとりの支援を行っています。生活の支援(歯磨き、入浴、食事等)、通院支援、構造化支援、服薬補助支援等があります。また当グループホームに入居されている利用者様のほとんどが自閉症の診断を受けています。そのため利用者様一人ひとりの障害特性・学習スタイルをアセスメントし、特性や学習スタイルに合わせた自閉症に特化した支援(構造化支援)を適切に提供することを目指して、職員一同が切磋琢磨しています。

グループホームは24時間体制で稼働しています。早番、遅番、夜勤と様々な時間帯で働いている支援員がいます。そのため利用者様の情報を共有し、支援が滞りなく提供されるように各時間帯の職員へ引き継ぐことが重要視されます。

以前の職場と違いを感じる部分はどんなところですか?

本山) 以前の職場は、「利用者と支援員の関係性」を重んじ「職員が寄り添い、職員の経験が大切!」等、何に基づいて支援をしているのかわからないまま働いていました。

SHIPの「構造化支援」では根拠に基づいたアセスメントを取り、支援を組み立てていきます。

人は、出来ないことに着目しやすく、出来るようにするための努力をします。SHIPでは、利用者様の出来ることに着目し、それを強みと捉えます。そして、出来ないことを努力して出来るようにするアプローチをするのではなく、「構造化」により出来るようにアプローチします。障害がある方が、ストレスを感じないで出来ようになることは素敵だなぁと思いました。

最後に本山さんにとって、障害福祉サービスの仕事でやりがいに感じていることを教えてください。

本山) 私の仕事のやりがいは2つあります。

1つ目は、利用者様が「困っていること」を少しでも減らせるような支援をするのが、私のやりがいです。友セカンドの利用者様は、困っていること事が分からないこと・伝え方が分からないことで不安になり混乱し、パニックになる方もいらっしゃいます。その些細な変化にも気づいて対応するようにしています。

2つ目は、利用者様へお伝えした内容が、伝わったことを見つけることです。この支援がとても難しく、未だ伝わらないことが多いです。「伝える➡伝わった」が増えると、社会資源を活用し自分で選ぶ力に繋がるため必要なことだと考えています。

このインタビューだけでグループホーム友セカンドの支援内容をご理解いただくのは難しいかと思います。
随時、見学や体験を受けつけておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ